子供たちにとっての頼もしい相棒―ランドセル

人間誰しも必ず持つ物がある。ランドセルもその一つである。それは親が子に送る想いがこもっているものであり、それはまた子への永遠の片思いの証拠でもあるのだ。

選びたくなるランドセル

子供たちにとっての頼もしい相棒―ランドセル

人間、誰しも忘れられない物がある。

例え、今は忘れているとしても深い心の奥に眠っている思い出。

両親、もしくは祖父母から贈られたランドセル。

それは物心ついた子供たちが始めて自分を愛してくれる、大切に思ってくれる人達から受け取る真心なのだ。

小学校というのは、人生という長距離のなかであまりにも短い期間である。

しかし、そこから紡ぎだされる思い出というのは常にほろ苦く、思わず苦笑してしまうものが多いのではないだろうか?そして、それをいちばん近くで見守り、傍に居続けてくれたのがランドセルだ。

中学校でも高校でもカバンは持つが、それはそれぞれ3年間であり、社会人になってから持つカバンやバックなどは流行遅れになったり、飽きたりしたならば買い換えればいいだけのことである。

しかし、ランドセルというのはそうはいかない。

私の記憶でもランドセルを途中で買い換えた子などいなかったと思う。

つまり、それだけランドセルというものには名状し難い何かが詰まっているということである。

親が子供に注ぐ愛情というのは、報われない片思いのようだと言った人がいるが、もしそうであるならばそのことを誰よりも理解し、傍で見守ってくれている頼もしい相棒、それこそが子供たちにとってのランドセルという存在なのではないだろうか。

だからこそ、購入する際にはランドセルの詳しい話を事前に調べておきたい。

★お役立ちサイトはこちら⇒http://www.roissyairporthotels.com/