どんなランドセルを買うのか考える

息子が小学校に入学したときのランドセル選びについて

選びたくなるランドセル

どんなランドセルを買うのか考える

私たちが子供のころ、ランドセルといえば男の子は黒、女の子は赤と決まっていました。

選択肢などありません、これは100%といっても過言ではないでしょう。

しかし、現在はどうでしょう色だけ見ても黒赤をはじめ、紺、茶、青、緑、水色、ピンク・・・とバリエーション豊富になっています。

しかし、値段を見るとピンからキリまであり、基本ただのランドセルなのに、なんでこんなに値段の違いがあるの?と思わされます。

よくよく見るとちょっとした機能がついていたり、ブランドだったり、細かいおしゃれがデザインされてたりするのです。

しかし私は、そんなものが必要なのか?という疑問がふつふつとわきあがって来ました。

子どもが背負いやすいだとか疲れないだとか、少なくとも私が子供だった頃のランドセルにはそんな性能は皆無だった気がします。

現に私のランドセルはまだ当時のままの姿で現存しているのですが、今のものと比べると、一回り小さいのに異様に重たいのですが、それでも六年間元気に学校に通いたくましく育ったもんです。

ランドセルが重たいだとか背負いにくいだとか、そんなことは子どもは言いません。

ただ毎日背負っていく、それだけです。

六年間背負っていける丈夫さがあればそんなに多機能でなくてもいいのかもしれません。